電話での面接で気を付けるべき3つのポイント


意識的に声に抑揚をつける

電話では当たり前ですがお互いの顔が見えません。声だけで相手をイメージすることになります。そのため、いくら表情が笑顔でもそれが声に表れていないと、不愛想と評価されてしまう可能性があります。ですが、笑い声などをいれることもふざけていると勘違いされかねないのでおすすめできません。おすすめは声に抑揚をつけることです。大切なところは大きな声でいったり、少しスピードをゆったりめに話したりすることで、声に表情がつきます。楽しさを伝えたいときは声を少し跳ねさせてもいいでしょう。

敬語の使い方を間違えない

実際に対面をしない面接の場合、言葉遣いで最低限の常識が身についているかが問われます。特に敬語の使い方は、社会人としてこれから働くことに問題がないかの確認となるでしょう。敬語が全く使えないというのはもちろん問題です。敬語に自信がない人は電話面接の前に基本的な敬語の使い方を復習しておくこともおすすめです。

間が空きすぎないように事前準備をしておく

電話面接では間が空いてしまうと気まずくなってしまいます。急に間が空いても慌てないために、面接の流れをある程度予測して台本を作成しておくとよいでしょう。気まずい間を回避できる可能性が高まります。予想される質問に対する回答を準備しておくことはもちろん、間が空いた時に自分のほうから何か言葉が出るように事前準備しておくことが大切です。緊張して言葉が出なくなってしまうタイプの人は、家族や友人に頼んで電話面接の練習をしておくこともおすすめです。

仕事探しを探す場合様々な方法がありますが、最近の主流は求職サイトや転職サイトを利用したものとなっています。