覚えておこう! 仕事探しの応募と面接における注意点


ウソをつくのは絶対にやめましょう

アルバイトであれ正社員であれ、仕事探しは応募書類の提出から始まります。履歴書や職務経歴書などの書類を用意しなければいけません。これらの書類を作成するとき、内容についてウソの記載をすることは絶対にやめましょう。採用の可能性を高めるため、経歴などをよくしたいと思うかもしれませんがウソは通じません。採用担当者は経験豊富なので、面接でのやり取りで見抜かれてしまいます。仮に、ウソをついた状態で採用されたとしても、その後の仕事で余計なプレッシャーがかかることもあります。

面接は事前の対策が大切

人材採用の流れが終盤にさしかかると、面接があります。正社員採用の場合は、面接が複数回あることもめずらしくありません。面接は誰でも緊張する場面ですが、質問される内容はある程度想像できます。たとえば、志望動機は必ず聞かれるでしょうし、転職であれば前職を辞めた理由も聞かれる可能性が高い質問です。これらの質問については、どのように答えるかあらかじめ決めておきましょう。ただし、セリフを覚えるような感覚ではなく、キーワードをいくつか考えることが大切です。セリフにすると緊張のために話の流れが止まるおそれがありますが、キーワードであれば話が多少前後しても不自然にはなりません。

就職活動のプロの協力を得よう

正社員としての転職で仕事探しをしているなら、転職エージェントの力を借りるのもよいでしょう。このサービスを利用すると、希望に合った条件の求人を探してくれたり、応募書類の添削をしてくれたりします。面接の練習をしてくれることもあるので、心強い味方になるのではないでしょうか。

綜合キャリアオプションは、全国に活動拠点がある人材派遣サービス会社です。派遣先の業務も多種多様で、オフィスワークや製造業務、物流系の軽作業などがあります。未経験者でもチャレンジできます。