工場の仕事ってどんな感じ?代表的な仕事を2つ紹介します


自動車部品の加工や検査

自動車は非常にたくさんの部品で構成されていて、2万点以上の部品が使われているといわれています。それらの部品を工場で加工したり検査したりするのですが、複数の工程に分かれているため流れ作業で行うことがほとんどです。加工では機材や工具を使用して作業するケースが多いです。溶接加工や切断加工など、技術と経験を必要する作業も少なくありません。検査は製造の最終過程に当たりますが、製品に不具合がないかをチェックします。検査が甘いと不良品が流通し、自動車事故を引き起こす恐れがあるためとても重要な作業工程です。自動車部品の加工や検査の仕事では重いものを取り扱うことがあるため、男性が活躍している現場が多いです。20代から50代まで幅広い年齢の男性陣が活躍しています。

食品工場の製造や検査

食品工場の求人も少なくありません。取り扱う食品は実に様々であり、冷凍食品やインスタント食品をはじめとして、お菓子や弁当などが挙げられます。食品工場も自動車部品工場と同様に、色々な作業工程から成り立っているため、基本的にベルトコンベアでの流れ作業です。最終的に人の口に入れる商品であるため、クリーンな環境での作業となります。また、商品によっては低温での作業が必要であるため、冬場でも暖房が使えない場所で作業することも多いです。単純作業を長時間繰り返すことが多いため、集中力がある人が向いているといえます。基本的には力を必要としない作業が多いため、男女問わずに活躍している工場が多いです。立ち仕事がほとんどですが、幅広い年齢層が働いています。

大阪には阪神工業地帯があり、自動車産業や製造業などの工場があるため、大阪の工場の求人募集は豊富です。