ドライバーの仕事のメリットとデメリットは何?


ドライブテクニックが向上する

ドライバーの仕事は他の仕事よりも車を運転する機会が多いので、ドライブテクニックが向上しやすいというメリットがあります。特に長距離トラックドライバーは大型トラックの運転が多いので、高度なドライブテクニックが身につくという利点があるでしょう。バスのドライバーやタクシードライバーは人を運ぶ仕事なので安全運転の意識が高まり、危機回避の能力が身につくというメリットも得られます。トラックドライバーの場合は人と関わる機会が少ないので、人間関係のトラブルが少ないという魅力もあります。

どのドライバーの仕事も渋滞を避けるために工夫する必要があるので、交通情報に詳しくなるというメリットも得られるでしょう。行ったことのない道を通る機会も多いので、仕事を続けていると地理に詳しくなるという魅力も持っています。育児手当を支給される可能性が高いのも、ドライバーの仕事の良いポイントです。

運転の時間が長くなることもある

ドライバーの仕事は移動距離によっては運転の時間が長くなるというデメリットがあります。特に長距離トラックドライバーは移動時間が長いので、労働時間も長くなりやすいです。ドライバーの仕事は繁忙期には残業の機会も多くなるというデメリットがあるでしょう。どのドライバーの仕事にも共通するデメリットが、悪天候による作業効率の低下です。雨の影響で前が見えにくくなるので、他の車のスピードが落ちて渋滞になりやすいでしょう。その結果、1つの仕事をこなすまでの時間が長くなってしまいます。

愛知のドライバーの求人は車両の種類が豊富です。トラックから軽自動車まであり自分の運転免許に合っているかの確認がポイントです。